腎臓・泌尿器疾患 川越駅徒歩1分の内科 川越中央クリニック

平日9:00-13:00 / 15:00-19:00 TEL 049-220-5500

埼玉県川越市脇田本町1-5 2階

アクセス

腎臓・泌尿器疾患

  • TOP
  • 腎臓・泌尿器疾患

腎機能障害

  • 急性腎障害(AKI):
    腎機能障害が数時間~数日で生じるもの。
  • 亜急性腎障害:
    腎機能障害が48時間以降~3カ月以内で生じるもの。
  • 慢性腎臓病(CKD):
    次の2項目のいずれかまたは両方が3カ月以上持続した場合と定義している。
    ① 尿異常、画像診断、血液・病理で腎機能障害の存在が明らか、特に0.15g/gCr以上の蛋白尿(30mg/gCr以上のアルブミン尿)の存在
    ② GFR<60mL/分/1.73m2
腎機能障害

重症度分類

慢性腎臓病(CKD)の重症度分布

原疾患 蛋白尿区分 A1 A2 A3
糖尿病 尿アルブミン定量
(mg/日)
正常 微量
アルブミン尿
顕性
アルブミン尿
尿アルブミン/Cr比
(mg/gCr)
<30 30~299 ≧300
高血圧、腎炎、多発性嚢胞腎、移植腎、不明、その他 尿アルブミン定量
(mg/日)
正常 軽度
蛋白尿
高度
蛋白尿
尿アルブミン/Cr比
(mg/gCr)
<0.15 0.15~0.49 ≧0.50
GFR区分(mL/分/1.73m2) G1 正常または高値 ≧90
G2 正常または軽度低下 60~89
G3a 軽度~中等度低下 45~59
G3b 中等度~高度低下 30~44
G4 高度低下 15~29
G5 末期腎不全(ESKD) <15

重症度は原疾患・GFR区分・蛋白尿区分を合わせたステージにより評価
CKDの重症度は、死亡・末期腎不全。心血管死発症のリスクを青のステージを基準に、
黄色 →薄赤 →赤 の順にステージが上昇するほどリスクは上昇。


腎機能障害原因分類

腎前性
  • 経口摂取不良、下痢、不適切な利尿薬の使用によって生じる。
  • ACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬やNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)の内服では、輸入細動脈が収縮することで腎前性腎障害を起こすことがある。
腎性:腎血管性
  • 腎臓の大小の血管疾患で生じる。「腎硬化症」「動脈硬化性の腎動脈狭窄」等。
腎性:糸球体性
  • 糸球体疾患には、「一次性」と「二次性」がある。
  • 糸球体腎炎において重要なのは、赤血球円柱や変形赤血球の出現である。ただし、変形赤血球は感度47%と低く、認めなくとも腎炎を除外することはできない。
  • 高度な蛋白尿を伴い、変形赤血球・赤血球円柱を認めるのであれば「腎炎」を、また高度な蛋白尿(>3.5g/日)を認め、尿沈渣の異常が軽度の場合は「ネフローゼ症候群」の鑑別を行う。

< 代表的な糸球体疾患 >

一次性
・IgA腎症
・膜性腎症
・微小変化型ネフローゼ症候群
・巣状分節性糸球体硬化症
・膜性増殖性糸球体腎炎

二次性
・糖尿病腎症
・ループス腎炎
・ANCA関連血管炎
・肝炎ウイルス関連腎症


腎性:間質性
  • 急性尿細管壊死の場合は尿沈渣では、顆粒円柱が認められる。
  • 多発性嚢胞腎を認める場合には、家族歴を確認する。
  • 薬剤による急性間質性腎炎が一般的である。尿に白血球円柱がみられる。
腎後性
  • 神経因性膀胱や前立腺肥大症による排尿障害でも、腎機能障害が生じることがある。

問診

  • 「高血圧」や「糖尿病」など、リスクになりうる疾患も確認。
  • 「感染症」「膠原病」「悪性腫瘍」「薬剤」などの原因確認。

検査

  • 腎機能障害の初期検査:血清Cr、BUN、尿定性、尿沈渣、尿蛋白定量検査(随時での尿アルブミン/Cr比、尿蛋白/Cr比)、腹部エコー(腎形態、排尿障害、体液量)、尿試験紙
  • 血清・尿蛋白電気泳動

診療チャート

タンパク尿

 

尿失禁

膀胱炎

前立腺肥大

川越中央クリニック 診療時間

診療時間
9:00 ~13:00
15:00 ~19:00
診療時間
午前 9:00~13:00/午後 15:00~19:00
休診日
水曜日、土曜日午後、日曜日、祝祭日
標榜科目
内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、糖尿病内科、神経内科、アレルギー科
お支払い
現金、各種クレジットカード(準備中)

アクセス

JR川越線・東武東上線 川越駅改札出口より西口へ徒歩1分

お車でお越しの方
お車でお越しの際は近隣のパーキング(有料)をご利用ください。立体駐車場の「パーキング西口24」を提携駐車場としてご用意しておりますので、駐車券を受付にご提示いただければサービス券(60分)をお渡しいたします。