認知症外来 川越駅徒歩1分の内科 川越中央クリニック

平日9:00-13:00 / 15:00-19:00 TEL 049-220-5500

埼玉県川越市脇田本町1-5 2階

アクセス

認知症外来

  • TOP
  • 認知症外来

もの忘れ外来、認知症診断

「認知症」とは、後天的な要因(脳疾患、全身疾患、その他の外的要因)が原因で、脳に器質性障害が起きることにより、社会生活が困難なレベルにまで持続的に他領域の認知機能が障害された状態のことをいいます。

従って「認知症」は一つの「病気」の名前ではなく、様々な原因で知能が低下した「状態」の総称として名づけられた用語です。

年齢 :
65歳以上の約15%,85歳以上では40%以上を占める
原因 :
Alzheimer病(50~60%で最多
脳血管性(20~30%)
Lewy小体型(約20%)
前頭側頭型(2%)

次の症状がみられた場合には、医師の診察を受けましょう。

  1. 同じ事を何度も聞く、話す
  2. 料理の味付けがおかしい、単純なものばかり作る
  3. テレビや新聞に興味がなくなった
  4. 昼も夜も居眠りしている
  5. 今までできていた仕事や家事に戸惑う
  6. 怒りっぽくなったり、ふざけてばかりいたりと、以前と性格が変わった
  7. 自分の家が分からず、迷子になった
  8. 物探しばかりしている、物を盗られたという。

認知症と紛らわしい高齢者の物忘れ

健康な高齢者が体験する加齢による“物忘れ”と、認知症高齢者の“物忘れ”との相違点は次のようになります。

加齢による普通の物忘れ(正常) 認知症の物忘れ
忘れ方 体験したことの一部を忘れる (例:食事で何を食べたか忘れる) 体験したことの全体を忘れる (例:食事をしたこと自体を忘れる)
自 覚 物忘れをしている自覚がある (思い出そうとする) 物忘れをしている自覚がない
日常生活 支障は無い 支障がある (幻覚・妄想・徘徊などを行う)
進行 悪化は見られない 悪化していく
その他の症状 無し いつも同じ服を着ている (判断能力の障害) 段取りよく物事を覚えない (遂行性機能障害) 見当識障害が見られる

健康な高齢者の物忘れは、体験したことの一部を忘れるもので、正常な脳の老化による物忘れです。これに対して、認知症高齢者の“物忘れ”は体験の全体を忘れることが特徴となります。

たとえば、昨夜の夕食に何を食べたのかを忘れて思い出せないのは、健康な高齢者の“物忘れ”であり、すなわち生理的な物忘れです。

夕食を食べたこと自体を忘れてしまうのが、認知症高齢者の“物忘れ”になります。

さらに相違点は、健康な高齢者では自分の欠陥に「忘れた」という自覚がありますが、認知症高齢者は自分の物忘れに自覚はありません。

「そんなことしたっけ?」と、体験全体を忘れてしまいます。

そして生理的な物忘れは、それにより日常生活に支障をきたすことはありませんが、認知症高齢者の物忘れはそのことによって日常生活に混乱が生じることとなります。

認知症の治療

認知症が発症しますと残念ながら現状では根本的な治療法はなく、せん妄などBPSDと呼ばれる周辺症状に対して対症療法が行われるのみです。

治療薬として認知症の中核症状の進行を遅らせる効果があるとされるコリンエステラーゼ阻害薬(塩酸ドネぺジル、ガランタミン、リバスチグミン)、NMDA受容体拮抗薬(メマンチン)の4種類へと以前と比べても選択肢が増えております。

これらの薬剤の効果に制限はあるものの、症状の軽微な頃に投薬を開始できれば効果は高いとされています。

「認知症外来」「物忘れ外来」が近くに無い、何科へ受診をすればよいのかが判らない、このような場合にはまず最寄りのかかりつけ医へご相談することをお勧めいたします。

川越中央クリニック 診療時間

診療時間
9:00 ~13:00
15:00 ~19:00
診療時間
午前 9:00~13:00/午後 15:00~19:00
休診日
水曜日、土曜日午後、日曜日、祝祭日
標榜科目
内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、糖尿病内科、神経内科、アレルギー科
お支払い
現金、各種クレジットカード(準備中)

アクセス

JR川越線・東武東上線 川越駅改札出口より西口へ徒歩1分

お車でお越しの方
お車でお越しの際は近隣のパーキング(有料)をご利用ください。立体駐車場の「パーキング西口24」を提携駐車場としてご用意しておりますので、駐車券を受付にご提示いただければサービス券(60分)をお渡しいたします。