アレルギー検査 川越駅徒歩1分の内科 川越中央クリニック

平日9:00-13:00 / 15:00-19:00 TEL 049-220-5500

埼玉県川越市脇田本町1-5 2階

アクセス

アレルギー検査

  • TOP
  • アレルギー検査

体を守る仕組みのはずが自らを傷つけるアレルギー

私たちの体には、自分に害を及ぼす「細菌」や「ウィルス」が体内に侵入した場合に、これらを異物として認識して排除する仕組みがあります。

これを「免疫」と呼んでいます。

ところが、この「免疫」の機能が食べ物や花粉など私たちに害を与えないものに対しても、過剰に反応してしまい自分自身を傷つけてしまうのが「アレルギー」反応です。

犯人はIgE抗体

花粉、ハウスダスト、ダニ、ペットの毛、食べ物、薬などアレルギーの原因となる物質(タンパク質)を「アレルゲン」といいます。

どのアレルゲンに反応するのかは、それぞれの人によって異なります。

アレルゲンが体内に入ってきますと、これを退治しようと「IgE抗体」というタンパク質が作られます。

このIgE抗体の抗原に対する特異性を調べることで、アレルギーの原因となる物質を知ることができます。

このIgE抗体は、皮膚や粘膜に多く存在するマスト細胞の表面に張り付いており、再びアレルゲンが侵入してきて結合した際にマスト細胞内のヒスタミンなどの化学物質が放出され、周辺に炎症を引き起こします。これがアトピー性皮膚炎や鼻炎となるわけです。

もし「アレルギーかな?」と感じた場合には、自己判断はしないようにしましょう。何かを食べた直後に発疹が出たからといって、それが食物アレルギーだとは断言できません。

必ず医療機関で受診し、皮膚テストや血液検査などで原因物質を推定し、食物アレルギーかどうかの判断を行うようにします。

【食物アレルゲン】
農産物(キウイ、バナナ、ソバ、小麦、大豆、米、ゴマ、ピーナッツ)
魚介類(マグロ、サケ、エビ、カニ)、牛乳、卵、肉(豚・牛・鶏)
【花粉アレルゲン】
スギ、ヒノキ、ブタクサ、シラカバ、ヨモギ、ハンノキ、ハルガヤ、カモガヤ、オオアワガエリ
【環境アレルゲン】
ダニ、ハウスダスト、犬や猫のフケ、真菌類(アスペルギルス、アルテルナリア、カンジダ)、ラテックス

主なアレルギー疾患

アトピー性皮膚炎
アレルギーを起こしやすい人、皮膚のバリア機能が弱い人にみられる皮膚の炎症を伴う疾患です。乳幼児・子どもに多く大人になると良くなることもありますが、成人になってからの発症や悪化もあります。
気管支喘息
抗原を吸い込む、運動、ストレスなどがぜん息発作の原因となります。低年齢層に多くみられる疾患ですが、最近では成人の患者も増えています。
アレルギー性鼻炎
国民病ともいわれる疾患で、日本人の3人に一人が悩んでいると言われます。花粉(花粉症)、ハウスダスト、カビなどが主な抗原となります。
食物、薬物アレルギー
食物に含まれるタンパク質や薬に免疫機能が過剰に反応してしまいます。
金属アレルギー
汗でイオン化した金属がタンパク質と結合、これが抗原となり皮膚が赤く腫れたり痒くなったりします。
アナフィラキシー
アレルギーが原因で複数の臓器症状が急速に全身に出る状態です。血圧の低下に伴い活動性の低下、意識障害、重篤だと心肺停止という状況に陥ります。

アレルギーの厄介なところは、体の防御機能であることから完治が難しいことにあります。

原因となる抗原を遠ざけることで、症状を軽減することが重要です。

身の回りを清潔にし、規則正しい生活、バランスのよい食生活を心がけることが大切です。

川越中央クリニック 診療時間

診療時間
9:00 ~13:00
15:00 ~19:00
診療時間
午前 9:00~13:00/午後 15:00~19:00
休診日
水曜日、土曜日午後、日曜日、祝祭日
標榜科目
内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、糖尿病内科、神経内科、アレルギー科
お支払い
現金、各種クレジットカード(準備中)

アクセス

JR川越線・東武東上線 川越駅改札出口より西口へ徒歩1分

お車でお越しの方
お車でお越しの際は近隣のパーキング(有料)をご利用ください。立体駐車場の「パーキング西口24」を提携駐車場としてご用意しておりますので、駐車券を受付にご提示いただければサービス券(60分)をお渡しいたします。